お電話でお問い合わせカタログダウンロード無料見積もり
よくある質問
FAQ
   

Q.普通の建物よりも早く建てられるというのは本当ですか?

在来の鉄骨造の場合、設計が完了してから材料手配を行い、入材後に部材の製作を開始します。倉庫・工場専科システム建築の場合は全ての部材が標準化されているため、使用する材料をある一定の種類に抑えることができます。そのため、全ての材料を予めストックすることが可能となり、材料手配から入荷するまでの時間のロスがありません。また、鉄骨から屋根・外壁材までを一貫生産する工場を有することで極めて効率的な生産体制が取れることから、短工期での生産を可能としています。
さらに、現場施工においても在来工法であれば様々な、細部にわたる打合せを行いますが、倉庫・工場専科の場合、標準化が進んでいることから現場での打合せが不要となり、現場の時間を大幅に短縮することができます。このようなことから、全体として工事期間を短縮することができるのです。
カタログダウンロード無料見積もり
兵庫でNO.1を目指す倉庫建築・工場建設プロ集団    兵庫で倉庫建築・工場建築を低価格で実現するお電話でのお問い合わせ
Copyright kojo soko sennka All Rights Reserved.